2018年07月12日

『草苅事件』極私的あらすじ&参考文献

あらすじをどこまで公開するか、とか先行作品とかネタ元をどこまで明らかにするか、とか。

その辺はもちろん作家とか劇団とか、プロデュース権を持つ人間に属するものだけど、今回せっかく文芸助手として関わらせてもらってるわけだし、おれ個人の流儀としては「作り手のネームバリューが薄いインディーズほど作品に関する情報はキャッチしやすくすべき」と考えるので、あくまで私観によるものだけど『草苅事件』のあらすじと、事前に頭に入れておくと面白いかも知れない"参考文献"を挙げておく(それでも基本ビビりなんでフジタくんに了承とっている)。

繰り返すけど、どちらもおれの感覚によるもの。脚本・演出のフジタタイセイが念頭に置いているものもあるだろうし、もちろん「は?そんなの知らねえよズレてるよ」てものもあるだろう。でも、たとえ"誤配""誤読"でも何かの引っかかり方をしてくれればいいと思って怖れず書く。

一部ネタバレ、というか作品の展開を予期させるものもあるかも知れないが、そもそも予期させない事前情報になんの価値があるのよ、と思うし多少のネタバレくらいで揺らぐ作品ならその程度ですよ。


【『草苅事件』あらすじ】

清田洞爺文学賞は紛糾していた。

受賞したのは素顔経歴すべて不明の覆面作家、草苅亜嵐(くさかりあらん)。さらにその受賞作『境界侵犯』を候補から外すよう、差出人不明のメールが届いていたことも判明する。しかし授賞記者会見に現れたのは、草苅亜嵐の代理人を名乗る占い師。彼女は語る、この作品の受賞は不適切である、と。

草苅亜嵐とは何者か?メールは誰によるものか?

記者・選考委員・落選候補者を巻き込み、記者会見は混迷を極めてゆく謎が謎を上塗りし、真相はいつも"藪の中"


【『草苅事件』参考文献(もちろん文章に限らず)】

芥川龍之介『藪の中』そして黒澤明『羅生門』

法月綸太郎『怪盗グリフィンとラトウィッヂ機関』

井上陽水『ワカンナイ』

P.K.ディック『追憶売ります』もしくはポール・ヴァーホーヴェン『トータル・リコール』

筒井康隆『文学部唯野教授』

アントニー・バークリー『毒入りチョコレート事件』

あと、これは書くかどうか迷ったけど、書いちゃえ。

アガリスクエンターテイメント『ナイゲン』


この辺にピンと来た人、待ってます。



しむじゃっくPresents劇団肋骨蜜柑同好会『草苅事件』

7.21-29@高田馬場ラビネスト

詳細はhttp://symjack.web.fc2.com/presents.html




posted by 淺越岳人 at 02:15| Comment(0) | 芝居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。